03-3462-0577

東京都渋谷区道玄坂1-15-14 ST渋谷ビル1F

院長コラム

  • 院長コラム
  • 求人案内
  • 時間外予約

Clinic Information

高橋デンタルオフィス

〒150-0043
東京都渋谷区道玄坂1-15-14
ST渋谷ビル1F
MAP

TEL:03-3462-0577

お問い合わせ

診療時間

10:00am~1:00pm 2:30pm~7:00pm
※土曜日は6:00pmまで

※各種健康保険取扱

休診日

木曜日・日曜日・祝日
※祝日のある週の木曜日は診療

第27回

投稿年月: 個別ページ

第56回春期歯周病学会のメインテーマは「インプラント周囲炎」でした。歯周病の学会なのにインプラント?と思われる方も多いと思いますが、インプラントが喪失する殆どの原因がこの「インプラント周囲炎」、分かり易く言うとインプラントの歯周病です。歯周病にかかっている歯がインプラントと同じお口の中に有るという事は、歯周病原菌がインプラントに住み着き易いということになります。せっかく入れたインプラントが歯周病にかかり、抜けてしまうのはとても残念なことです。そうならない為の予防や治療も歯周病専門医の重要な仕事なのです。

第12回

投稿年月: 個別ページ

「マウスウオッシュ」と言う言葉が一般的になってきました。要するに洗口剤を口に含んでぶくぶくとうがいをすることです。洗口剤は「デンタルリンス」と言われるようになり、ブラッシングと併用して行う事を推奨されています。実際口腔内や浅い歯周ポケット内の歯周病原菌の増殖を押さえる事ができます。これによって歯周病予防に役立つのです。デンタルリンスは「リステリン(歯周病用)」、「GUMデンタルリンス」などが歯周病予防に効果があることが証明されています。就寝前に行うのがお薦めです。

第28回

投稿年月: 個別ページ

第31回臨床歯周病学会のメインテーマは「歯を抜歯するか保存するか」でした。我々歯科医は可能であれば少しでも歯を保存するのが基本姿勢ですが、難しいのは可能か不可能が、判断しにくい場合です。せっかく治療した歯がすぐにだめになってしまった場合、その患者さんの落胆は計り知れません。それを防ぐ為に「科学的根拠に基づく治療」が必要と成る訳ですが、そればかりにとらわれると患者さんのお気持ちを汲み取れなくなってしまいます。ですから当医院では患者さんの希望を出来るだけ優先させていただく姿勢をとっております。

第9回

投稿年月: 個別ページ

インプラント治療が日常的に行われている近年の歯科治療において、歯周病の予防は天然歯のみならずインプンラントにも必要になってきました。その背景にはお口の中に潜んでいる歯周病病原菌がインプラントにも感染し、インプラント周囲炎を引き起こす例が急増してきているからです。インプラント周囲炎になればそれを支えている顎の骨が溶けてやがて抜け落ちてしまいます。せっかく費用をかけて快適に食事が出来るようになっても長持ちしなければ不幸な結果になります。そうならない為にもメインテナンスを定期的に受け、歯科医師によるチェックが必要です。

第8回

投稿年月: 個別ページ

知覚過敏症に有効とされる歯磨き粉に「シュミテクト」が有名です。テレビコマーシャルでもしばしば流されているのでご存知の方も多いかと思います。その知覚過敏の原因の一つに歯周病があります。歯周病で歯肉が下がり、歯の根の部分が露出することでおこります。そこで最近ではシュミテクトにも歯周病用が販売されています。それでも効果が無い場合は歯科医院で知覚過敏用のコーティングをすることで症状を和らげる事が出来ます。

第7回

投稿年月: 個別ページ

高校2年生のお子さんが学校の歯科検診で「歯肉炎」の診断を受けた患者さんからのご質問は「歯肉炎と歯周病はどう違うのですか」と言うものでした。「歯肉炎はgingivitis、つまり歯肉(歯茎)に限局した炎症です。歯周病とは歯の周りの組織すべてに及ぶ炎症なので歯肉炎は歯周炎(歯周病)の初期ととらえても間違えでありません。歯肉炎は比較的若い世代に見られる現象で、そのまま放置しておくとやがては歯周炎(歯周病)に発展して行きます。歯肉炎のうちにしっかり治療しておくのが大切です。

第6回

投稿年月: 個別ページ

「口臭」についてよくご相談を受ける事がありますが、実際人間ならば「口臭」は誰でもあるものです。それが病的なものであるか、生理的なものであるかの判断は自分自身では出来ないところに「口臭」の難しさがあります。他人の感じ方も様々で、例えば自分の愛犬の口臭は気にならないけれども他の犬の臭いは気になることはよく聞く事です。「病的な口臭」は口の中の疾患、特に進行した歯周病に代表されますが、胃粘膜の疾患にも現れます。「生理的な口臭」は起床時や口が乾いた時など強くなることがありますが、舌苔や歯のクリーニング、マウスウオッシュで軽減できます。むしろあまり気にしすぎて人付き合いに消極的になるのも考えものです。「口臭」につきましてはいずれ詳しくお伝えするコーナーを開設する予定です

第5回

投稿年月: 個別ページ

「子供の歯周病」と聞くとあり得ない話のようですが、実際近年少しずつ増えています。虫歯自体は減少していますが、中高生の間で歯周病(病名としては歯肉炎)は増加しています。特に12歳と18歳に著名です。これは受験勉強で間食が増える割には歯を磨かないで就寝してしまうことも原因の一つだと思われます。子供の歯周病は若年性歯周疾患と移行しますのでブラッシングをしっかりさせてから就寝させることが予防として大切です。

第4回

投稿年月: 個別ページ

インプラント関係の学会や勉強会に参加しているとインプラント治療も次世代に入って行ったと感じることがあります。一つは材料です。本来はチタンという金属でできていますが、ジルコニアという強化セラミックやチタン以外の金属も研究され、より良いインプラントが提供されます。しかしその一方で安く、粗悪なインプラントが市場に出回り始めたのも事実です。材料費の安さは治療費にも反映されますが、その為に安全性が軽んじられる事は絶対に避けなければなりません。

第3回

投稿年月: 個別ページ

今回の日本臨床歯周病学会の年次大会のテーマは「いかに天然歯を残すか」でした。私も大会実行委員として運営に参加させていただきましたが、日本だけでなくアジア諸国からも参加していただき、歯周病治療に関する様々な研究が発表されました。日本人の多くが罹患している歯周病。歯周病専門医としてどのように向き合って行くかが熱く語られた2日間でした。

高橋デンタルオフィス

10:00am~1:00pm ╱ 2:30pm~7:00pm

▲/土曜日は6:00pmまで
【休診日】 木曜日・日曜日・祝日
※祝日のある週の木曜日は診療いたします。

診療カレンダー

東京都渋谷区道玄坂1-15-14 ST渋谷ビル1F

Googleマップで見る

東京都渋谷区道玄坂1-15-14 ST渋谷ビル1F

各種健康保険取扱