院長コラム

渋谷区道玄坂の歯医者 高橋デンタルオフィス

MENU
院長コラムDirector's column
Vol.44 虫歯になりやすい食べ物とは?

虫歯になりやすい食べ物といえば、まず「甘いお菓子や飲み物」を思い浮かべることと思います。

その通りなのですが、実はもうひとつ重要な虫歯の原因となる要因があります。

それは「口腔内停滞時間が長いもの」です。

分かりやすく言うと、飴やキャラメル、ガム、チョコレート等、お口の中に比較的長い時間残っているものです。

なぜかと言うと、お口の中にはミュータンス菌という虫歯を作り出す細菌が存在します。

それは砂糖を餌として、代わりにを崩出します。

その酸によって歯のカルシウムが溶け出して、虫歯を作り出してしまうのです。

甘いおまんじゅうを「ぱくっ」と食べるより、飴を舐め続けた方が虫歯になりやすいわけです。

予防としては、飴やガムはシュガーレスを選び、お菓子やチョコレートを食べるときは飲み物(もちろん甘くないもの)も一緒に取るようにしましょう。

院長コラム(おすすめの記事)