院長コラム

渋谷区道玄坂の歯医者 高橋デンタルオフィス

MENU
院長コラムDirector's column
Vol.73 最新の歯科用CT撮影機の低X線量

もともと歯科用に使われるレントゲン撮影X線照射量は非常に少ないものですが、最新のCT撮影機でも同様のことが言えます。

歯科用CTは必要な部分だけを切り取って撮影できるので(例えば2〜3本分の範囲)、その分X線照射量が少なくてすみます。

インプラント治療や、複雑な根管治療にはCT撮影は欠かせないものになってきました。

質の高い治療を提供するとともに、何よりも患者の皆様の安全や健康を第一に考えております。

院長コラム(おすすめの記事)