院長コラム

渋谷区道玄坂の歯医者 高橋デンタルオフィス

MENU
院長コラムDirector's column
Vol.7 歯肉炎と歯周病の違い

高校2年生のお子さんが学校の歯科検診で「歯肉炎」の診断を受けた患者さんからのご質問は、「歯肉炎と歯周病はどう違うのですか」と言うものでした。

歯肉炎はgingivitis、つまり歯肉(歯茎)に限局した炎症です。

歯周病は歯の周りの組織すべてに及ぶ炎症なので、歯肉炎は歯周炎(歯周病)の初期ととらえても間違えでありません。

歯肉炎は比較的若い世代に見られる現象で、そのまま放置しておくと、やがては歯周炎(歯周病)に発展して行きます。

歯肉炎のうちにしっかり治療しておくのが大切です。

院長コラム(おすすめの記事)