院長コラム

渋谷区道玄坂の歯医者 高橋デンタルオフィス

MENU
院長コラムDirector's column
Vol.34 メタルの話、といっても音楽ではありません

メタルフリー治療」とはその名のとおり金属を使わないことですが、この場合の金属とはアレルギーを引き起こす原因となる銅、錫、亜鉛、パラジウムなどの卑金属です。

金や白金などの貴金属は、比較的アレルギーが出にくい金属と言われています。

なかでも「バイオメタル」という欧米の厳しい検査を通った、アレルギーをほとんど引き起こさない金属があります。

特にドイツ等ヨーロッパでは、歯科用金属はすべてアレルギーテストが行われており、歯科治療が原因での金属アレルギーの患者さんはほとんどいません。

それに比べて、日本ではアレルギーの元となる金属が歯科治療として日常的に使われています。

それらの金属に変わる新しい素材を私達は臨床で応用し始めています。

院長コラム(おすすめの記事)