院長コラム

渋谷区道玄坂の歯医者 高橋デンタルオフィス

MENU
院長コラムDirector's column
Vol.40 知覚過敏の原因と対処法

梅雨があけて、暑い日が続くようになりました。

冷たい食べ物や飲み物をとる機会も多いかと思います。

そこで、この時期受診される方が増えているのが「知覚過敏」です。

知覚過敏とは、歯の根を構成する「象牙細管」の中の液体が温度によって歯の神経を刺激し、短いが強い痛みを誘発させるものです。

治療としては対処療法が用いられ、歯の根の表面に温度刺激を受けないようにコーティング剤を塗布する、知覚過敏専用の歯磨きペーストを用いるなどです。

通常は2週間位で治りますが、1ヶ月以上、痛みが持続した場合には、虫歯や歯周病など他の原因が考えられるので、歯科医院の受診をおすすめします。

院長コラム(おすすめの記事)