院長コラム

渋谷区道玄坂の歯医者 高橋デンタルオフィス

MENU
院長コラムDirector's column
Vol.48 骨粗しょう症と歯科治療

「骨粗しょう症と歯科治療」近年よく聞かれる言葉です。

平均寿命がのび、人間が長生きすると、加齢による骨密度の低下により骨折しやすくなります。

それが原因で寝たきり、という事態を避けるため、高齢者の方々は骨密度を上げるために「ビスフォスフォターゼ製剤」を服用します。

これが歯科治療には問題で、特に抜歯やインプラント手術などの外科処置では、顎の骨が死んでしまう「顎骨壊死」という重篤な事態を引き起こします。

なぜ本来骨密度を上げる薬がこのような副作用を起こすのか、そのメカニズムははっきりしませんが、歯科治療を受ける方で骨粗しょう症の治療薬を服用している方は、必ず歯科医師に伝えて下さい。

院長コラム(おすすめの記事)