院長コラム

渋谷区道玄坂の歯医者 高橋デンタルオフィス

MENU
院長コラムDirector's column
Vol.58 最近の米国審美歯科治療

先日行われた審美歯科学会で、米国で活躍する日本人の歯科医師、および歯科技工士の方々の興味深いお話を聞くことが出来ました。

米国ではメディアの影響が強く、ハリウッドスターや歌手のような歯にしてくれと注文する方が多いようです。

しかし、歯は形や色など個性があってはじめて美しさを発揮します。

すなわち、その人の魅力のひとつという位置づけなのです。

あまり主張しすぎても良くありません。

例えば、白すぎる歯はその人の肌がくすんで見えてしまいますし、大きすぎる前歯は滑稽に見えます。

「審美」とは「自然美」であることが望ましいと思われます。

院長コラム(おすすめの記事)