根管治療ノート

渋谷区道玄坂の歯医者 高橋デンタルオフィス

MENU
根管治療ノートDoctor's Notes

当医院が専門とする治療の一つである「根管治療」について(→歯周病

Pick Up

Root Canal Treatment

歯ぐきにできるニキビニキビのような瘻孔ができる原因は、不完全な根管治療や不適合な被せ物。理想的な治療は細菌除去と適切な材料使用が必要。もっと詳しく 根管治療の通院は何回?根管治療が長引く原因は感染物の除去不足。当院では顕微鏡で確認し、違和感が残る場合は繰り返しチェックを実施している。もっと詳しく 膿の袋は抜歯のサイン?膿の大きさで抜歯を判断しようとするが、抜歯の基準は残存歯質量、歯根破折、根尖孔外感染、患者希望であり、診断が重要。もっと詳しく 歯根破折の種類について水平破折と垂直破折があり、強打や咬合力が原因で起こる。症状には歯の揺れや変色、痛みがあり、治療法は破折部位による。もっと詳しく 歯根破折の診査方法水平破折のエックス線写真・神経生死判断、垂直破折のエックス線写真・歯周ポケット検査・顕微鏡視診・フラップ手術がある。もっと詳しく 歯根破折の治療法水平破折と垂直破折で異なり、神経の生死や破折によって処置が変わる。抜歯で済む場合もあるが、炎症がある場合は難しい。もっと詳しく 根管充填の成功率をあげる海外ではMTAやバイオセラミックスを使用し、膨張、消毒作用、生体適合性もあり治療成果が高い。日本では自費診療が必要。もっと詳しく 神経をとった歯が痛む理由歯の痛みは神経刺激が原因で、歯周組織炎症や歯槽骨炎症も関係。治療は噛み合わせ調整、根管治療、ブラッシング指導を行う。もっと詳しく 歯の神経をとる正しい知識虫歯が進行し神経まで感染した場合、早めに除去し根管治療を行うことが重要。放置すると腐敗・炎症・重篤な合併症が発生する。もっと詳しく 歯髄切断療法の長所と短所虫歯が神経近くまで進行した際に行われ、部分的に神経を残し歯の寿命を延ばすが、感染や神経死によるデメリットもある。もっと詳しく
日本歯科医療評価機構
Features 歯周病、根管治療(歯内療法)、口腔外科(インプラント手術)それぞれの専門医が在籍し、高い技術によって、確実で安心、安全な治療をお約束します。