院長コラム

渋谷区道玄坂の歯医者 高橋デンタルオフィス

MENU
院長コラムDirector's column
Vol.68 チョコレートは悪くない?

バレンタインデーも近づき、あちらこちらでチョコフェスが開催され、美味しいチョコレートを口にする機会も多くなるかと思います。

チョコレートを食べると虫歯になる!」と歯医者から目の敵にされがちですが、虫歯の原因はチョコレートに含まれる砂糖です。

チョコレートは口の中でとろけて歯にまとわりつきます。

これが砂糖を口のなかにいつまでも残してしまいます。

そうです、「いつまでも口の中が甘く・・・」は歯にとって虫歯になりやすい状況なのです。

もちろん食べた後にすぐ歯を磨けば良いのですが、難しい場合は、

1)飲み物(砂糖の入っていないできれば暖かい)を食べた後、ゆっくりと飲む。

2)板チョコのようなシンプルなチョコレートを選ぶ。(クリームやキャラメルの入っている物は虫歯になるリスクが高い)

せっかくですので、この時期は美味しいチョコレートを楽しみたいですね。

院長コラム(おすすめの記事)