東京都渋谷区道玄坂1-15-14 ST渋谷ビル1F

専門医の歯周病治療・予防

  • 院長コラム
  • 求人案内
  • 時間外予約

Clinic Information

高橋デンタルオフィス

〒150-0043
東京都渋谷区道玄坂1-15-14
ST渋谷ビル1F
MAP

TEL:03-3462-0577

お問い合わせ

診療時間

10:00am~1:00pm 2:30pm~7:00pm
※土曜日は6:00pmまで

※各種健康保険取扱

休診日

木曜日・日曜日・祝日
※祝日のある週の木曜日は診療

歯周病が身体に及ぼす悪影響

歯周病と全身のかかわり

歯周病原菌が全身に及ぼす影響

歯周病原菌が全身に及ぼす影響

近年の研究で全身疾患のいくつかが歯周病と関わりがあることがわかりました。代表的なものとして感染性心疾患(心内膜炎等)、冠状動脈疾患、肺炎、低体重児出産、敗血症、糖尿病、胃潰瘍、胃がんなどがあげられます。

それはお口の中の歯周病菌自体が、他の臓器に直接感染する場合(歯性感染症)と、歯周病の部位にある細胞が造る炎症生物質や、過剰に活性化した白血球が血管を通って他の臓器に達し、悪影響を与える場合があります。

そのような場合、内科的な治療ばかりでなく歯周病 の治療も平行して行わなければ治癒は得られません。歯周病専門医の受診も必要です。
(図左 SUNSTER社より可変引用)

歯周病原菌が全身に及ぼす影響

口の中の歯周病菌が血管を通って他の臓器に感染したり、細菌が白血球を活性化させてそれが他の臓器に悪影響を与えるメカニズム(図上 Oral B社より可変引用)

歯周病と早産

歯周病原菌が妊婦及び胎児に及ぼす影響

歯周病原菌が妊婦及び胎児に及ぼす影響
(Oral B社より可変引用 )

近年増えているのが早産です。母親が歯周病にかかっていた場合、細菌は母体の血液を介し、胎盤と胎児に感染します。感染による炎症反応は胎児にストレスを与え、50%の割合で早産となることが報告されています。

歯周病原菌が妊婦及び胎児に及ぼす影響

THE SECRET KILLER

歯周病原菌が身体に慢性炎症を起こし続けることによる全身への影響

歯周病原菌が身体に慢性炎症を起こし続けることによる全身への影響

TIME誌の特集「The Seccret Killer」によると人間の身体に潜んでいる、慢性炎症(普段は痛みを感じない炎症)が心筋梗塞を引き起こしたり、アルツハイマーを発症させたりする原因の一つであることが分かりました。

原因不明のだるさが続き、CRP(炎症が起きるとふえるタンパク質)の上昇が見られたら要注意です。慢性炎症には歯周病や歯の根の病気も含まれます。

この特集では歯周病専門医のもとできちんと治療する事と、予防として、1日30分の運動とフロッシング(デンタルフロスを用いて歯と歯の間を清掃する事)を推奨しています。

高橋デンタルオフィス

10:00am~1:00pm ╱ 2:30pm~7:00pm

▲/土曜日は6:00pmまで
【休診日】 木曜日・日曜日・祝日
※祝日のある週の木曜日は診療いたします。

診療カレンダー

東京都渋谷区道玄坂1-15-14 ST渋谷ビル1F

Googleマップで見る

東京都渋谷区道玄坂1-15-14 ST渋谷ビル1F

各種健康保険取扱