東京都渋谷区道玄坂1-15-14 ST渋谷ビル1F

金属を使わないメタルフリー

  • 院長コラム
  • 求人案内
  • 時間外予約

Clinic Information

高橋デンタルオフィス

〒150-0043
東京都渋谷区道玄坂1-15-14
ST渋谷ビル1F
MAP

TEL:03-3462-0577

お問い合わせ

診療時間

10:00am~1:00pm 2:30pm~7:00pm
※土曜日は6:00pmまで

※各種健康保険取扱

休診日

木曜日・日曜日・祝日
※祝日のある週の木曜日は診療

金属を使わないメタルフリー治療とは

歯科金属アレルギーについて

歯科金属アレルギーとは、歯の詰め物に使われた金属が原因で、全身に症状が出てしまう事をいいます。貴金属(金合金)やインプラントに使われているチタンでは殆どありませんが、健康保険で使われる金属の中にはニッケル、錫(すず)、亜鉛等が含まれるため、アレルギーの原因になります。

遅延型と言われ、詰め物をしてから時間が経過して発現します。代表的なものはで接触性皮膚炎があります。なかなか治らない皮膚病(発赤や湿疹)、口の中の粘膜異常(びらん、扁平苔癬など)は歯科金属アレルギーが疑われます。

特に金属製のアクセサリー、腕時計のベルト等でかぶれたり赤くなった経験がある方は要注意です。
その場合はまずアレルギーがあるかを判明させなければなりません。金属を原料に作った材料を1~2週間ほど身体に貼ってその反応を確認します。(パッチテスト)

反応がでた金属を取り外すことで症状は収まります。症状が完全に消えるまでに数ヶ月かかることがあります。

メタルフリーについて

メタルフリーとは、金属を使わない治療法です。この場合の金属とは歯科金属アレルギーを引き起こす原因となり得る健康保険で使われる金属(卑金属)のことで、金合金(貴金属)やインプラントに用いられているチタンは含まれません。方法は、

  1. 症状が出現してパッチテストにより金属アレルギーが確定したら、金属を除去し、別の材料に取り替える。
  2. アレルギー体質であったり、過去にアレルギーの経験が有る方は感作(抗原に対して抗体が身体にできる事)を避ける為にあえて始めから金属を使わない。

の2通りがあります。通常初めて入れた金属(卑金属)の詰め物で感作し、2回目以降の治療でアレルギーが発現する場合が殆どです。

近年、アレルギーを引き起こさないとされてきたインプラントも一部のものが、症状を発症させることがわかってきました。メーカー側が加工し易くするため、もしくはコストを下げるため不純物を混ぜることがあります。それが原因となります。

また、非常にまれですが、もともとチタンに対してアレルギー体質の方もいらっしゃいます。(約1000人に1人と言われています。)

チタンに対してアレルギー体質の方でインプラントをされる場合はジルコニア・インプラント(金属でなく強化セラミックでできています。)を用いることで解消します。現在、安全基準の高いヨーロッパではチタンに変わってジルコニアのインプラントが増えています。

奥歯2本に健康保険の合金が使用されています。 奥歯2本の金属をセラミックの詰め物に変更しました。

写真(左)奥歯2本に健康保険の合金が使用されています。
写真(右)奥歯2本の金属をセラミックの詰め物に変更しました。

よくあるご質問

金属でない詰め物・被せものにはどのような材料があるでしょうか。

詰め物にはハイブリッド・レジン(レジンとセラミックの中間の素材)や強化セラミックが使われます。また、被せものにはセラミックやジルコニアが主に使われます。最近ではかぶせ物に使用できる強化レジンも出てきました。
これらの治療は自由診療となります。詳しくは自由診療費のページでご覧下さい。

ジルコニア・インプラントの治療を受けたいのですが。

ジルコニア・インプラントは特に金属アレルギーやアレルギー体質の方に用いられます。
材料はすべて安全なもので、ヨーロッパの厳しい安全基準をクリアしておりますが、厚生労働省未認可の材料ですので、正規のメーカーの日本支社が代行して輸入を行います。

手術は通常のインプラント治療と同じですが、使用する器具(ドリル等)もすべてジルコニアで出来ておりますのでアレルギーの心配は一切ありません。

高橋デンタルオフィス

10:00am~1:00pm ╱ 2:30pm~7:00pm

▲/土曜日は6:00pmまで
【休診日】 木曜日・日曜日・祝日
※祝日のある週の木曜日は診療いたします。

診療カレンダー

東京都渋谷区道玄坂1-15-14 ST渋谷ビル1F

Googleマップで見る

東京都渋谷区道玄坂1-15-14 ST渋谷ビル1F

各種健康保険取扱